読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテンポラリーダンス Shing02



二カ国語でリスナーを魅了し続ける指折り詩人、MCのShing02。 生楽器とビートの織りなす華麗な物語を世界に送り出すプロデューサー、Cradle Orchestra。 これまでありそうで無かった両者の完全タッグによる書き下ろし英語アルバム「Zone of Zen」が2年の製作期間を経て完成。2016年幕開けに相応しい強烈なケミストリーを生んだ二人に話を聞くことが出来た。

--- アルバム完成おめでとうございます。率直な感想はいかがですか?また、今回のアルバムは制作期間が2年ほどかかったそうですが、お二人にとって2年間は長かったですか?短かったのでしょうか?

Cradle Orchestra 瀬戸智樹(以下、瀬戸) - 凄く満足な内容のアルバムが完成したと思っています。実際は2年以上の時間がかかっていると思います。 決して長いことはなくて、Shing02が日本に来る度に一緒にレコーディンしてアレンジして、曲のコンセプトを考えて、、、というふうにデータだけのやり取りで作った曲はないので、必要な時間だったと思っています。

Shing02 - そうですね、アルバム規模にしようと決めたのは途中からだったので。それぞれの録音は合宿型で集中して割とスムーズに行ったんですが、お互いに忙しかったのも事実で、逆にミックスは時間をかけましたね。

--- アルバムのコンセプトを教えてください。『Zone of Zen』というのは、禅の境地ということでしょうか。

Shing02 - アルバムのタイトルは最後に決めたので、表題曲の歌詞から取りました。語呂も良かったのと、ビジュアル的にもハマりそうだったので。

--- タッグを組んでアルバムを作ることになったきっかけを教えてください。また、お二人はいつ頃からお知り合いなのでしょう。

瀬戸 - 僕はリスナーとして『Tags of the times』のコンピがリリースされた初期のころからShing02の楽曲を聴いていました。それから時は経ちますが、震災の後に僕なりに音楽への向き合い方を深く考えることがありShing02に1曲作りたいとオファーしたのが始まりです。

アンダーグラウンドヒップホップ金字塔
10周年記念で『Tags Of The Times』とカップリング
Cuts Of The Times: 1
CD
Cuts Of The Times: 1
Dj Kensei
(2)
¥2,654

Shing02 - そうですね、僕は音源で知っていただけなんですが、共通の知り合いでNujabesがいたのは大きかったと思います。きっかけはオファーがあってまずは一曲から、と言うことだったんですが瀬戸君のスタジオがリラックス出来て、お互いの私生活について話しながら制作する環境があったのはプラスでしたね。

--- それまで、お互いの作品についてどのように思っていましたか?

瀬戸 - 沢山ラップは聴いてきましたが、使う言葉やトラックも含め個性がとても強いアーティストだと思っていました。それにインンテリジェンスな人だなっと。

Shing02 - 名前がオーケストラだけに存在が良く分かってませんでした(笑)。

瀬戸 - それくらいがちょうどいいんです(笑)。

--- どのような手順で楽曲を作り上げたか教えてください。実際に2人で顔をあわせて制作したのか、また、テーマはどちらが決めてなどのすみわけはあったのでしょうか。

瀬戸 - 1曲作るのにとても沢山のプロセスを経て作っています。顔を見ないで完成した楽曲なんか1曲もありません。楽曲のテーマは、僕が提案することもありますし、Shing02が提案することもありましたし様々です。

1曲だけ具体的に伝えると、“Ampersand”という楽曲がありますが、これは僕が個人的な思いを込めて作ったトラックで、「dedication」(献身、献納)みたいなテーマで作ろうと思って話していました。それを話したら、Shing02から“Ampersand”というアイデアを提案され歌詞を書いてくれました。“Ampersand”というのは、ラテン語でeとtを合わせたもので英語の「&」という意味なんです。

彼の歌詞に合わせてアレンジに関しては2人で話しフルートとチェロをレコーディングし楽曲が完成していきました。このアルバムに関しての最終的な判断は、2人のアルバムなので2人が納得したらOKです。

Shing02 - やはり曲の雰囲気に合うテーマを話し合うことですかね。ありきたりのものは作りたくないし、ラブソングにしてもストーリー性を持たせるとか、何かしら角度が大事だと思います。ボーカルに関してもまずはラフを録音してからアレンジを施し、時間を置いてから納得するまでテイクを重ねました。 

--- ちょうど『Luv(Sic)Hexalogy』がリリースされたばかりですが、今作はNujabesさんとのコラボも思わせる美しいサウンドも印象的でした。お二人で楽曲を作る際にNujabesさんの影響というのは少なからずあったのでしょうか。

瀬戸 - 彼の元ネタとなっているジャズやソウルなどのアーティストの作品は僕も好きなので、そういった部分ではあるかもしれませんが。『Zone of Zen』のようにワルツでRapしたり、Jipanguのように琴を使ったり、音楽的には方向性が違いますし、いかに他に無いような作品を作るかを2人で考えて作ってました。

Shing02 - 2人の接点ではあったので、サンプリングだろうと生音だろうと、どちらかと言うとリスナーの側には影響は残り続けると思います。ただ作っている側として音楽そのものに寄り添って、セッションをしている感じですね!

--- 個人的にはレイドバックな「Twice As Nice」や和テイストの「Jipangu」、生バンドの疾走感のあるサウンドが心地よい「Windy Chimes」の流れのふり幅の広さにやられました。トラック制作では試行錯誤されたのでしょうか。サウンド面、曲順でのこだわりはありましたか。

瀬戸 - トラックに関しては、Cradle Orchestraらしさが出せればいいなっと思っていました。結果的に楽曲のテーマに沿って作った結果が振り幅が大きくなった理由だと思います。サウンドや音色に関しては、かなり細部まで拘って作っています。ミックスでは、なかなか思うように出来ずとても時間を費やしました。今回マスタリングをChris Athens*に頼んだのですが、それも功を奏しました。曲順はShing02がコース料理を出す順番かのように決めてくれました。

* Chris Athens - NYの著名なスタジオ、Sterling Soundの元シニア・マスタリング・エンジニアで現在は自身のスタジオを持つ。ロバート・グラスパーエリカ・バドゥAC/DCウィズ・カリファ等数多くの作品を手がけている。
http://www.chrisathensmasters.com/

--- “Mad Stressor”のスクラッチはどなたでしょう。

瀬戸 - DJ 1,2です。ハメ系で上手ですよね。

--- アルバムのオススメ曲を1曲選ぶとしたら?

瀬戸 - 全部好きなんですが、あえて選ぶなら僕は一番最初に作った “Windy Chimes”かな。

Shing02 - まぁ、こーす料理みたいなものなので、順番に聴いて決めて欲しいです(笑)。

--- レコーディング中にあった印象的なエピソードがあったら教えてください。

瀬戸 - 一緒に作っている期間は、深夜まで作業してレコーディングしてアレンジして、ご飯食べて作業して寝て、起きたらレコーディングしての繰り返しでした(笑)。

Shing02 - ある深夜にゼータ人に誘拐されて、起きたらスタジオのテーブルの上にアルバムが完成していました。あれは大変でしたね。

--- Shing02さんのラップも今年発表した憲法史を綴った「日本国憲法」のようなバキバキの日本語ラップから、今作やNujabesさんとの「Luv(Sic)」シリーズまで、長年様々なスタイルのリリックを書かれていますが、常に芯の部分は揺らぎがないように思います。ご自身のラップをする上での信条は何でしょうか。また今作でその部分はどのように反映されているでしょうか。

Shing02 - 幾度となく言ってるのですが、MCとしては自分に合ったトラックを選ぶこと、そしてその曲の世界観に合う歌詞を書くこと。そして、自分しか言えないことを自分の声で歌う。基本的なことですが、その自由度と責任をうまくバランスして嘘のないように生きることが大事ですね。

--- Shing02さんはこれからはもっと日本語のアルバムを作りたいとLee Ayurさんによるこちらのインタビューでお答えされてました。この時は『Zone of Zen』を作り終えての感想だったのでしょうか。

Shing02 - 最後にアルバムを出したのが2008年なので、もう結構長い間思ってます。

--- 海外でのリリース予定はありますか?

瀬戸 - お話は色々と頂いているので、出来る限りワールドワイドにリリースして沢山の方に聞いて頂きたいと思っています。

Shing02 - とりあえずはデジタルですね。

--- 年末ということで2015年を振り返っての感想、2016年の豊富を教えてください。

瀬戸 - 2016年も変わらずに音楽作ります。

Shing02 - 今年は色々とポジティブな転換期とリリースが成就するタイミングだったので、来年はもっと新しいことにチャレンジして行きたいです。

--- 最後に、11月にHMV&BOOKS TOKYOがOPENいたしました。オススメの本、影響を受けた本がありましたら1冊教えてください。

Shing02 - 漫画で良ければ手塚治虫の「ブッダ」。

ローチケHMVレコメンド
ブッダ オリジナル版復刻大全集 1

ブッダ オリジナル版復刻大全集 1
手塚治虫
レビューを書く
¥6,804

--- お忙しいところありがとうございました!


心の襞に触れてくる傑作
HMV限定特典あり
Zone Of Zen
CD
Zone Of Zen
Shing02 / Cradle Orchestra
レビューを書く
価格(税込) : ¥2,592
発売日: 2016年01月06日
カートに入れる
欲しい物に追加

Shing02とCradle Orchestraという夢のコラボレーションが『Zone of Zen』で遂に現実となった。密に共有したコンセプトから生まれた楽章とも言える各曲が、幾度のブラッシュアップをかけられて艶やかに仕上がっている。Shing02のメロウなフロウ、リリカルなピアノとスリリングなグルーヴと静寂をも備えたクロスオーヴァー・ミュージック。Hip Hopを新たな高みに運ぶ至高のプロジェクトが此処に。

[トラックリスト]
1. Zone of Zen
2. Ampersand
3. Twice as nice
4. Jipangu
5. Windy Chimes
6. Passionista
7. Mad Stressor
8. Flowers
9. Ephemerald
10.Searching For (Remix)
11.Zone of Zen (Remix)



関連サイト
Shing02オフィシャルサイト
Palette Soundsオフィシャルサイト